ABOUT

キーワードで知る池田泉州銀行

01

独立系

池田泉州銀行は大阪で唯一の「独立系」地方銀行という特徴があります。地域のお客様のニーズを捉え、それに合わせた戦略・体制をいち早くとることができるのも、フットワークの軽さと独自のネットワークを強みとする池田泉州銀行だからこそ。これからもこの強みを活かし、“関西No.1のリレーションシップ金融機関グループ”を目指します。

02

若手の活躍

池田泉州銀行では、若手社員の育成・登用に力を入れています。若手のうちから上司や先輩のサポートのもと多様な仕事を経験することができる環境が整っており、本部・営業店の様々な部署で若手行員が活躍しています。

03

都市型

わたしたちの営業エリアは、東京都に匹敵するほどの人口と事業所、そしてアジア・チャイナ・ゲートと呼ばれる阪神港と3つの空港を有した、全国有数の恵まれたマーケットです。地域の経済を支え、ともに成長していく地域金融機関として、この都市型のマーケットを地盤としていることこそが池田泉州銀行の強みでもあります。

04

リテール力

日本経済新聞社と日経リサーチが全国の銀行を対象に実施した、銀行の顧客応対等を評価する「第14回銀行リテール力調査」にて、全国の地方銀行で1位、全国116行中でも第3位を獲得しました。

05

フィンテック

急速な経済社会のデジタル化の流れを大きなビジネスチャンスにすべく、同じ志を持った地銀7行でデジタル化戦略に関する連携協定(フィンクロス・パートナーシップ)を締結、共同出資会社((株)フィンクロス・デジタル)を設立。AI、RPA、店舗のデジタル化等の研究開発により、新しい地銀の未来を切り拓いていきます。

06

地域創生

「地域創生」は、地域に根差した金融機関である私たちの最大の使命です。「地域との共存共栄」を目指し、創業支援、ものづくり支援、ビジネスマッチングなどを通じて地域に“しごと”を創り、“ひと”を集めることで大阪を中心としたこのエリアのますますの活性化、活気のある“まち”づくりに貢献しています。

07

THINK GLOBAL

池田泉州銀行では、2018年11月、中国の蘇州に続き、ベトナムのホーチミンに2番目の海外拠点となる駐在員事務所を開設いたしました。大阪万博の誘致決定をはじめ、現在、地元企業の海外進出や外国人観光客の来阪が勢いを増す等、グローバル化の進展が関西のビジネス界に大きな影響を与えています。海外だけでなく国内においても異文化を理解し、それぞれの強みを活用する積極性や柔軟性が、今後の関西の成長を支える地域金融機関として不可欠な力になると考えています。