ABOUT

地域創生を担う池田泉州銀行の役割

先進テクノ推進部

関西エリアでは、伝統的な産業を基盤として、創意工夫によって独自性のある技術や製品、サービスが多数生まれてきました。池田泉州銀行はこうした関西が持つ強みに着目。産学官の連携を積極的に働きかけ、関西の技術資産を活用するとともに、次の時代を見据えた新たなビジネス、産業の創出を支援しています。

助成金制度を通じて、先進技術の活用を支援
関西における優れた技術を「事業」に発展させる。その使命を担っているのが、池田泉州銀行による「地域創生」制度です。新規性や独自性のあるビジネスプランを持つ企業や起業家に提供しているのが「ニュービジネス助成金」。そして、企業のニーズと大学・公的研究機関等が持つ技術研究成果を、共同研究・委託研究等を通じ融合させることを目的とする「コンソーシアム研究開発助成金」。これら二つの助成金制度を通じて、優れた技術を持つ地元企業を支援し、関西経済の活性化を応援しています。 また、当行は毎年一回、企業や大学、公的機関などを一堂に集めた「ビジネス・エンカレッジ・フェア」を開催。産学官の連携によるビジネスチャンスの創出に努めています。
技術マッチング・技術開発サポート
企業独自の技術に着目して、その技術を活かすことができる事業をご紹介する、あるいは、お客さまが必要とする技術を有する企業や大学・研究機関をご紹介する、というように、「先進的な技術」に焦点を当てたビジネスマッチングが、先進テクノ推進部で行っている「技術マッチング」です。
独自の助成金制度を通じて構築した先進的技術を持つ企業ネットワーク及び関西の主要大学・公的機関などとの産学官ネットワークを活用し、技術・業務提携、共同開発に関する情報発信や技術開発、製品機能評価などのサポートを行ないます。