Special Contents Round-Table-Talk

新入行員座談会

新入行員が語る池田泉州銀行の魅力

2018年入行の若手行員4名に集まっていただき、
池田泉州銀行に入行した経緯や仕事に対する思い、
研修の印象や今後の目標について自由に語ってもらいました。

PROFILE

堂島支店/CS融資課

Tomohisa Asada

住吉御影支店/CS営業課

Tomoka Hisanaga

堺西支店/CS融資課

Kensho Imai

諏訪森支店/CS営業課

Natsuki Yamamoto

Q:池田泉州銀行を選んだ理由と就職活動で心がけていたことを教えてください。

じゃあ僕から。僕は地元に貢献したい思いが強くて、企業選びの際に身近で親しみがあった池田泉州銀行を志望したのは自然な流れでした。「自分がどんな仕事をしたいのか」を考えた上でも、金融の仕事はさまざまなお客さまを相手に多彩な商品やサービスを提供できて面白そうやったし。

私の場合はまず、自分が将来どういう生活を送りたいかを考えて業界を絞りました。結婚して出産した後もずっと働き続けたかったので、それを実現するには女性が活躍できる場が多く福利厚生などの諸制度も充実している金融業界が一番かなと。池田泉州銀行を志望したのは、やっぱり出身地の大阪で働きたかったからです。

僕も地元就職志向は同じやったけど、実は池田泉州銀行のことはインターンシップに参加して初めて知ったんです。そのとき同時に、銀行業務の幅広さを知ってすごく興味が湧きました。就活本番では金融を中心にいろいろな企業を訪問して、結局、池田泉州銀行が最も自分にフィットしたイメージですね。

私は仕事に対して「お客さまと接する」と「目に見える商品ではなくサービスを提供する」という2つの軸を定めて就職活動を進めた結果、銀行業務が自分に最適と判断しました。池田泉州銀行に決めたのは、企業訪問や面接で話をした先輩行員のフランクで真摯な姿勢に惹かれたから。ほかの金融機関とはコミュニケーションの印象が違ったんです。

確かに明確な軸を持っておくと、就職活動が楽になったよね。僕も「どんなときも笑顔を貫く」「あたたかい人が集まる職場で働く」「大阪で働く」という3つを常に考えていました。

あと、久永さんの言うコミュニケーションや人の面で、ひと際池田泉州銀行が輝いて見えたのは間違いないと思いますね。僕はほかの金融機関の面接で、担当の方との話が噛み合わずにその先の選考に進めなかったり、辞退させていただいたりしたところがありましたから。就活で心がけていた「相手をしっかり見つめる目力」も、池田泉州銀行の面接担当の方に一番通じた気がします。

私も説明会や面接では「相手の目を見て笑顔ではきはき」を常に心がけました。就職活動には「こうすれば絶対に内定獲得」という秘訣はないので、本当の自分をいかに正直に伝えられるかに力を入れるのが大事ですよね。池田泉州銀行はきっちりと私という人物・個性を評価してくれた感覚を持てて、入行が決まってとても嬉しかったのを覚えています。

Q:入行後に仕事や職場で感じたこと、心に残った出来事とは?

私たちは入行式の当日に配属が決まり、各支店ですぐに仕事に就きました。みんなはその当時、職場をどんな風に感じた?私は自分がすごく緊張していたことと、支店の先輩行員にあたたかく迎えられたことが特に印象に残ってるんやけど。

まったく同じ!支店に着いてからすぐ、緊張してガチガチの中で支店長と入行2年目の先輩行員にランチに誘ってもらい、ホッとした記憶があります。

僕は支店の皆さんから「君が来るのを楽しみにしていた」と声をかけられたことが一番の思い出ですね。それで少し舞い上がって日々を過ごしたせいか、間もなく、教育担当の先輩から結構きついお叱りを受けたこともありましたけど。一度教えていただいた業務内容のメモを取り忘れ、同じ内容についての質問を繰り返して2度手間をかけてしまって…。

ほかの同期に聞いてても、どの支店も穏やかですんなり馴染んでいける雰囲気やったみたいやね。新人は慣れ始めた頃に失敗をしてしまうことがあるよね。僕も窓口業務の伝票処理で銀行側の控え伝票をお客さまにお渡ししてしまい、大慌てで連絡をとってお詫びと回収に駆けつけたことがあります。それをきっかけに後日、そのお客さまと仲良くなれたのが幸いでしたけど。

お客さまにお渡しする伝票の間違いは私も起こしてしまったことがあります。でも、失敗しても想像以上にお客さまがやさしかったことに驚きました。きっとお客さまと池田泉州銀行との厚い信頼関係があるからこそなんやろうね。

私たち新人がそうした失敗をしても、あたたかな目で見てくれる仲間とお客さまに囲まれているということをよく実感するよね。でも周りのあたたかさに甘えすぎず、今後は些細なミスもしないように気を引き締めて頑張らないとあかんね。

Q:研修や育成制度についての印象はいかがでしたか。

池田泉州銀行では研修と支店業務が並行して行われるので、学んだことをすぐに仕事に活かせるのがいいですよね。研修ばかりの日々が続くと、その場では理解できても逆に知識が身に付きにくいんじゃないかなと思います。

研修内容も社会人としてのマナー研修から始まって金融知識や事務処理、顧客応対など段階的に実務に直結した内容になっていって、覚えたことをその都度実践していけたしね。

私が最も印象に残っているのは顧客応対研修です。電話応対を録音したり窓口対応を録画したりして、お客さま目線で自分たちの姿を客観的に確認できて、すごくためになりました。

窓口業務・営業・融資の仕事を順番に経験させてくれるジョブローテーションもよくなかった? 支店業務の全体像がはっきりわかって。

そうそう!私も本配属になった現在の融資の仕事で、窓口業務で覚えた事務知識や営業経験での話術などがとても役立っています。

半年間の新人研修のひと区切りがついた後もさまざまな個別研修の機会が設けられていて、継続的なスキルアップの道筋が整っているのもいいよね。

Q:最後に、これからの目標を聞かせてください。

営業の仕事を本格的に始めた私が今、目標にしているのがOJTを行ってくれている先輩行員です。とってもやさしい方で、たくさんのお客さまから信頼されていて。一日でも早くその先輩に近づけるよう知識力とコミュニケーション力を磨いて、自分のファンになってくれるお客さまをつくりたいと思っているんです。

私も最初にOJTを受けた女性の先輩行員にあこがれています。すごく仕事が忙しい中でしっかり周りに気を配り、笑顔を絶やさずに何でも教えてくれる人でした。同じように、後輩から「この人のようになりたい」と思ってもらえるような行員になりたいと考えています。

僕にとっては支店の先輩全員がお手本と言えますね。皆さんが高い意識と責任感を持って仕事をしておられるので、その集団の一員としてふさわしい人材になることが当面の目標かな。

少々僭越ですが、僕は支店の中で自分にしかできないような仕事の習得を目指しています。「その仕事は今井に任せておけば安心」といわれるような。成長への思いを絶やさなければ絶対にそれが叶うと思うので、日々知識と経験の蓄積に努力し続けなければと思っています!

後輩行員が入ってきてくれたときに、少しでも見習いたいと思ってもらえるように僕たちはそれぞれの職場で精一杯頑張るので、就活をしているみなさんも自分らしく頑張ってほしいと思います。池田泉州銀行で待っています!!