WORK

中小企業の課題解決をサポートし
関西をもっともっと元気にしたい

  • WORK AT THE SENSHU IKEDA BANK

リレーション推進部
リレーション推進グループ

Fukuoka Moe

福岡 萌

2009年入行

リレーション推進部
リレーション推進グループ

販路や仕入れ先の開拓、企業の知名度アップのためのPRなど、企業が日常的に抱いているさまざまな課題解決に向けた提案やサポートを行う。

深刻化する一方の人手不足問題を
少しでも良い方向へと導くために

所属するリレーション推進部では、たとえば、販路や仕入れ先の開拓、企業の知名度アップのためのPRなど、企業が日常的に抱いているさまざまな課題に対する提案を行っています。

その中でも私は、企業の雇用サポートをメインに担当しています。人材不足で悩んでいる企業と、関西で働きたい人材を引き合わせ、企業の雇用へとつなげることが、現在の私の第一のミッションです。そのため、地元の企業が地元の大学生などに向けて自社企業のPRを行う「合同企業説明会」を開催したり、人材派遣会社と提携してよりよい出会いをサポートしたりしています。

知名度が高い大企業と異なり中小企業は、人材の募集に対して求職者の方から足を運んでもらうことが難しく、特に就職活動で「売り手市場」と言われる近年、その人手不足は大変深刻です。私がサポートした出会いが採用へと結びつく確率も決して高くはないのが現状ですが、それだけに、「採用できた」という声を聞くととてもうれしく、確かなやりがいを感じます。

営業の第一線に立つ営業担当者を
支援することで、得られる手応え

2017年5月、大阪市内の東成支店がオープンしました。新店では、まず何よりもお客さまを増やすことが大きな課題となります。とはいえ、これまでお付き合いのない企業を訪問してお話を聞いていただくことは難しく、「耳を傾けていただくきっかけとなる材料を、何か用意できないだろうか」という相談がありました。聞くと、東成支店の近隣には「ものづくり」を行う中小企業が多数あります。そこで、「東成支店開設記念」と銘打ち、「ものづくりを行う中小企業」と「ものづくりを学ぶ人材」を引き合わせるイベントを企画・開催しました。小規模なイベントでしたが、新規訪問のツールとしては十分に役立ったようで、「うまく活用できて、大変助かった」という営業担当者たちの声を聞くことができ、自分の仕事にさらに自信が持てました。

私たちリレーション推進部は、お客さまである企業の課題解決を積極的に支援することで、営業店で第一線を担う営業担当者たちの活動を支援するという、大切な役割を担っています。そのことを改めて実感し、営業店との絆を確認できた印象的な出来事でした。

Q.01
池田泉州銀行に決めた理由

就職活動を通じて複数の行員の方々と接する機会があり、それぞれに魅力的で、自信と誇りを持って誠実に銀行のお仕事に取り組まれていることが感じられました。こういう先輩たちと一緒に働き、自分を成長させていきたいと思ったことが、入行の動機です。

Q.02
池田泉州銀行の魅力

いろいろありますが、1つ挙げるなら若い行員にどんどんチャンスを与えてくれること。私自身、2年目という早い時期に本部からのトレーニーで中国・蘇州での経験を積むことができ、その後も他社出向など、さまざまなチャンスに恵まれています。

Q.03
将来実現したい夢

今の仕事を担当するようになって、関西の元気を担う中小企業と直接接する機会も増え、どんどん思い入れが深まっています。自分の中の引き出しを増やし、将来は、個々の企業が抱える課題の解決をしっかりサポートできる法人営業担当者になるつもりです。

Q.04
こんな人と働きたい

明るく前向きな人を待っています。銀行の仕事は事務的なことも多く、初めはおもしろくないかもしれません。でも、一つひとつの仕事の役割や重要性を理解して、前向きに捉えて取り組める人なら、必ず次のステージに進めます。

MY CAREER

私のキャリア

2009
営業店
融資担当
2010
アジアチャイナ推進部
推進担当
2011
行内トレーニー(短期)蘇州
アジアチャイナ推進部 企画担当
2014
出向
日中投資促進機構
2016
リレーション推進部
企画担当
2019
リレーション推進部
リレーション推進グループ

PRIVATE

プライベート

昨年ゴルフを始めました。ゴルフスクールにも通っています。時々先輩と一緒にコースを回ったりしながら、少しでも上達できるように頑張っています。

  • WORK AT THE SENSHU IKEDA BANK

01
02
03
04
05
06
07
08