WORK

目指すは、お客さま視点でICTを
活用した、“新しい銀行”の実現

  • WORK AT THE SENSHU IKEDA BANK

営業統括部
商品・チャネル(法人商品)担当

Fukui Yusuke

福井 雄亮

2009年入行

営業統括部
商品・チャネル(法人商品)担当

ICT(情報通信技術)を活用した商品やサービスを企画してお客さまに提供。「銀行とお客さまとの新しい接点」や「新しいライフスタイル」の創出を目指す。

人々の暮らしを大きく変えていく
価値ある仕事に取り組んでいます

営業統括部で、ICT(情報通信技術)を活用した商品やサービスを企画、提供する仕事を担当しています。また、フィンテックと言われる金融分野の革新的なサービスについての研究、調査なども行なっています。

私のミッションを簡単に要約すれば、ICTを活用し、より良い商品やサービスを企画して、お客さまに提供することと、そのために常に最先端の動向にアンテナを張っておくことになるでしょう。具体的には、たとえばスマホアプリを企画したり、AIを活用したサービスの研究を行ったり。こうしたミッションが目指す先は、ICTを活用した商品やサービスを通じ、お客さまに対して「銀行との新しい付き合い方」や「新しいライフスタイル」をご提供することです。そう考えると、どんな商品やサービスの企画にも、しっかりしたデータの裏づけや確かな展望が必要となってきます。将来、人々の暮らしを大きく変えていくような、価値ある仕事に取り組めていることが、日々のやりがいと充実感につながっています。

営業店で多様なお客さまに学んだ
人々の想いや願いを発想の原点に

就職活動中、社会人として仕事をする意味を考えたことがあります。その時自分が出した答えは、抽象的ですが「人間力を向上させること」でした。仕事を通じて、懐が深くスケールの大きな人間になることが最も大切だと考えたのです。当行に就職後は、営業店の一員として人生の先輩でもあるたくさんのお客さまとお会いし、その人生・生き方に寄り添わせていただいたこともあって、百人百様の人生観に触れることができました。そして、刺激を受け自己省察することで、少しずつ自分自身をアップデートできたのではないかと思っています。

今は直接お客さまと関わる機会は減りましたが、新しい商品やサービスは、お客さまの視点に立たなければ企画できません。最新の技術動向や世の中の流行に目配りしながらも、最終的にはお客さまに喜ばれる商品やサービスであるかどうかが判断の決め手となります。そのため、営業店での多様な経験が、今の仕事にとっても欠かすことのできないベースとなっています。

ひとりの成長を促すだけでなく、銀行として商品やサービスを企画するうえでも大きな強みとして活きているのだと実感しています。

Q.01
池田泉州銀行に決めた理由

金融分野の知識の有無は人生設計に大きく影響してしまいます。そのため、あらゆる人に対して金融サービスへのアクセスを良くしたいという想いを持ち、銀行業界を志望。このような想いを最も親身に聞いていただけたことから、池田泉州銀行を選びました。

Q.02
池田泉州銀行の魅力

関西という有力なマーケットを拠点とする都市型地銀であること。地域密着であることによる基盤の確かさや働きやすさに加え、一般の地銀のイメージにはないスケールの大きさも、仕事を通じて体感することができます。

Q.03
将来実現したい夢

将来は未知の可能性に満ちています。この可能性を限定してしまわないためにも、遠い先のことについては考えないようにしています。自分が関わる人たちの役に立てるように目の前のことにコツコツ向き合っていくことで、自分ができる精一杯の社会貢献を果たし切りたいと思います。

Q.04
こんな人と働きたい

池田泉州銀行は、多様な考えを受け入れてくれる銀行だと思っています。その環境を活かして、たくさんの違った意見をぶつけ合いながら良いサービスをご提供していきたいというのが私の想いです。当然、どんな方でも大歓迎。お待ちしています!

MY CAREER

私のキャリア

2009
営業店
個人営業担当
2012
営業店
個人営業担当
2015
事務統括部
ICT担当(ICTプロジェクトチーム)
2016(2月)
営業統括部
ICT担当
2016(7月)
CS本部ICT企画室
ICT担当
2019
営業統括部
商品・チャネル(法人商品)担当

PRIVATE

プライベート

普段の週末はひたすら子どもと遊んでいます。実家が近いので、仲良く三世代で出かけるなど親孝行もしています。当たり前のように親の近くで暮らせていることも、地域金融機関に勤めるメリットの一つだと思っています。

  • WORK AT THE SENSHU IKEDA BANK

01
02
03
04
05
06
07
08